整理好き

意外かも知れないが、整理好きな人間だ。
というか物を捨てるのが好きだ。
暇さえあれば何か捨てようとしている。
捨てすぎてたまに怒られる。

でもなかなか捨てられない物がある。
手紙や写真など思いのつまった物。
本当は捨てたいけど、捨てられない。
思い切って捨ててしまうと何ともいえない空虚感が残る。

そうして整理をしていると見つかった、昔の日記的な記録帳。
これは捨てるべきか迷う。
読み返すと恥ずかしいが、過去の自分と現在を比較できて面白い。
成長してたり、退化してたり、変質してたり。

で、思ったことは人生は別れの連続ということ。
かなりの数の人に出会い別れている。
さよならだけが人生だと歌にもあるけど本当だ。
これからも不本意ながら会えなくなる人が出てくるのかと思うと何とも言えない気持ちになる。
[PR]
# by nat629 | 2009-01-07 16:15 | 文章のみ

ゆとり万歳!!

はい、新年ですね。
今年もよろしくしてくれる人はよろしく。

新年早々、愉快な目にあいましたよ。
西宮ガーデンズに出かけると、案の定、物凄い混雑でした。
で、人が多いとぶつかったりしますが、中学生カップルの男の子(推定)に足踏まれました。
で、その子の台詞が「シバイタロカ」
いやあ、これがゆとり世代ってやつですか。

結局、その子はそれだけ言い捨てて去っていったんですけど、
1、何で踏んだほうが怒るの?
2、そんな貧層な体で何できるの?
3、その台詞は彼女への男らしさアピール?
と思い、人ごみの中でゲラゲラ笑ってしまいました。

豪州の中学生だと自分よりデカかったりするんで圧力ありますけど、日本の鍛えてない子供とかね。
教育的指導したいんですけど、永住権失効が怖くて何もできません(笑)
(永住権のために短気な私が色々とガマンしてきましたよ)
とりあえず去っていく彼にジーッと熱い視線を送っておきましたが、目を合わせてくれませんでした。(フラれちゃいました)

自慢じゃないけどよく中学生に絡まれます。
大学生のときに「オマエどこの中学じゃ?」と絡まれたのは良い思い出です。
さすがに今では中学生に間違われることはないと思いますが。そのうちオヤジ狩りされるんじゃないかとビクビクしとりますよ。

写真が何の関係あるかっていうと、主人公のカフカくんは15歳の中学生つながりってことで。
たしか15歳って中学生ですよね?
私15歳のときもアホでしたが、他人の足踏んで絡む程ではなかったです。
c0033022_16412256.jpg

[PR]
# by nat629 | 2009-01-03 17:03 | その他

I will miss books

c0033022_15593775.jpg

Believe it or not, I like reading.
It is quite inconvenient that Japanese books are hard to be purchased overseas even in this modern world.

You may say "Buy english books then"
okay, you are right.
But but but it is impossible for me to fully read English books.
I cannot understand subtle nuance of words modified by grammatical, historical and cultural background.

Those things makes me unable to enjoy English books.
I tried many times but still not successful.
I wonder how many Japanese people really understand and enjoy reading English books.

実際、英語の本を読むのは難しい。
日本語でも、行間を読んだり、文化的な洒落を理解する、というのは難しいことがある。(特に古文とか)
これが英語になるとどれ程難しいか。
レポートや論文に関してはそういった要素が少なく読みやすい。
しかし文学作品になるとお手上げである。
そこから推測するに”私英語の文学作品読んでいます”って人の半分以上はただのポーズ。
こういう人種に無用なコンプレックスを抱く必要はない。
(そもそも英語できるっていう人でも中学生レベルが大半。私の英語もヒドイもんだ)

ついでに読書について言えば、本好きです、濫読家です、っていう人種がどれほどの深みで本読んでるかってのは疑問。
「西洋古典は素晴らしい!」とか言われると鳥肌が立ってしまう。
そういう輩には、「読んだことはあるけど、果たしてどれくらい理解できたかは疑問です」と答えるようにしている。

最近は腹で理解できる、腑に落ちることを大事にしているので、理解できる本が少なくなってしまった(涙)
写真の本でもマトモに読めたのって1冊くらいしか無い気がする。
英語の本はただの飾り、ポーズ。

まあ以上は偏見。
[PR]
# by nat629 | 2008-12-30 15:59 | その他

Don't buy TC

I cannot buy Traveler's check(TC).
It's sold out.

Public participation of foreign deposit is quite annoying to me.
Because of them I cannot buy TC when it's neccesary.

Some years ago only a few seem intrested in Austarlia dollars(AUD).
I was able to buy TC without troubles.
People even seem to look down on AUD.

It's 100% my selfish feeling.
I don't want those people who need AUD only for finanacial management.
I don't want them to bother ohters who really need AUD.

In short, my point is "Don't bother me!"

↑ひどい内容だけど、本当に迷惑です。
TC買えないし、いつ新しいのが来るかもわかりません。
邪魔すんなボケ!って思いますね。
今まで豪ドルをバカにしてたくせに何だってのも思います。
こういう変節ぷりって私は大嫌いです。
しかしマネーにそんな理屈は通じない。。。。
これをかのマルクスは(長くなるので省略)
[PR]
# by nat629 | 2008-12-19 13:49 | 文章のみ

僕はギャンブラー

”麗しのギャンブラー”と続けるとB'zの歌になりますね。
久しぶりに日本語で書いてみますよ。

来年1月に再渡豪することにしました。
何の当てもございません。
折しも世界は大不況です。
何やってんだって話です。

でも、あれなんです。
結局、やりたいことしないとダメになる、ってのは言い過ぎですけど、私はワガママですからね。
人生、色々、圧力かけられて諦めさせられることあります。
いつも表面だけ言うこときいて最後はやりたいことやってました。
たぶん皆そうなんじゃないですか?
僕が皆と違うのは圧力かけた相手に仕返しする機会をうかがっている所ですかね。

体力も才能もありませんけど、まあやりますよ。
失敗したら、そのとき考えます。

知り合いからは「海外行く奴は死に体」とも言われました。
当たっているので笑うしかできなかったですね(笑)

んー、状況悪いんで、あまり明るいこと書けてないですね。
強引にまとめると、応援してくれるという奇特な人は祈っておいてください。

歴史を見ると、昔から名将といわれる人物は勝てる見込みがない戦はしなかったそうです。
私も今回以降は勝てる戦しかしないような人間になろうかと思います。

負け戦を何度も生き延びてきた武将の独り言でした。
[PR]
# by nat629 | 2008-12-09 18:39 | 文章のみ